歯科,下関,下関市,歯医者


 
補綴専門医として治療
補綴専門医として治療

●安心できる歯科医療当院では、パルスオキシメーター、血圧計、酸素ボンベ、各種緊急薬品を常備して診療を行っております。

 
小児歯科
小児歯科

歯医者さんが好きな子どもはどれくらいでしょうか?

たいていの子どもは歯医者さんが苦手です。

私たちが大切にしていることは、何より子どもたちに余分なストレスを与えないことです。

歯科医師も歯科衛生士も子どもの目線で暖かく接して、歯科に対する恐怖心を持たないよう努力をしています。

緊急を要する場合を除いて基本的に押さえつけて治療は行いません。

子どもは素直で直観力がすごいものです。

押さえつけて治療をすると、「歯医者は怖いところ」というイメージが強くなり、よりいっそう歯科治療への恐怖心やスタッフに対する不信感が募ります。

私たちは、子どもと同じ目線で、子どもの心を持って接するよう心掛け、子どもたちに「味方」と思ってもらえるように努めています。

治療の後は、上手にできても、できなくても、頑張ったね!と、笑顔で握手をします。

 
歯周病

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、

他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、

これらが二大疾患となっています。

 
矯正歯科
矯正歯科
矯正歯科

しっかり噛める歯並び、美しく発音できる歯並び、虫歯や歯周病になりにくい歯並び、人が健康な生活をおくる上で、正しい歯並びはとても大切です。

また、人は誰でも美しくありたいと願うものです。

美しい口元、顔の中で口元は最も重要です。

当院では、受け口(反対咬合)に関しては乳歯列のうちから治療を積極的に行っております。また、小児の顎顔面の成長を利用した早期治療や、成人の歯列矯正治療も行っております。

矯正治療を考えておられる方は、お気軽にご相談ください。

 

Q&Aはこちら>>>

 
歯科口腔外科
歯科口腔外科

小帯形成術

歯周、補綴、矯正治療などに利用でき、麻酔下にレーザーにて行っており、

止血も十分で、治癒も早く簡単です。

しかし、後戻りもあるため、現在では1糸縫合し、できないときはできるだけ長くパックを行っています。

 

下顎隆起

下顎隆起は自覚症状がなく出現し、床義歯装着の妨げになるときに削除します。

切開線は、腫瘤の頂上より歯肉縁の方がよく、手技は慣れてしまえば、難しくはありません。

 

口蓋隆起

口蓋隆起の切除ですが、下顎と同様、床義歯の装着に妨げとなる場合には必要で、

麻酔下にて、逆U字切開を加えて行います。下顎よりやや難しく、縫合しにくいです。

そのため術後は保護床を装着することにしています。

 
インプラント
インプラント

通常は一本一本に土台を作るのが一般的ですが、

複数の歯を一つの土台でまかなうオーバーデンチャーというものがあります。

費用が通常よりも変わってきますので、場合によってはこちらをおすすめしております。

また、多数のインプラントは当院からはおすすめしておりませんが、

大病院への紹介などを行っております。

 
  • ホワイトニング

    当院では歯を痛めずに白く美しくする審美歯科としてホームホワイトニングをお勧めしています。
    濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
    ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。
    その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。

    歯科医師の指導を受け、ご自分で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。
    人間の歯の色は本来真っ白ではなく、わずかに黄ばんでいるものです。
    この黄ばんだ歯を"輝くような白い歯"に漂白することをホワイトニングといい、技術の進歩によって安全に簡単にホワイトニングすることが可能になりました。

 
定期健診
定期健診

当院では、予防を中心としたメインテナンスシステムを採用しています。

治療が目的ではなく一生ご自身の歯で噛めることを目標にしています。

そのためには徹底した定期的な健診、プラークコントロール、歯に付着している歯垢や歯石などの汚れのクリーニングを行っております。

毎日お忙しく、気がつけば健診の時期が過ぎていた、といったことはございませんか?当院では、ご希望される方には「歯科健診のお知らせ」ハガキをお送りさせていただいております。

定期健診のお知らせをご希望の方はお気軽に受付にお申し出ださい。

▲ページトップへ